10日記事を書いて思ったこと【10日連続チャレンジ10日目】

こんにちは、ちゅーたです。

10日連続チャレンジ最終日、10日目です。

本当は土日の間に10本目の記事あげて終わらせようと思っていたのですが、

自分の弱さに負けました・・・。

10営業日連続で記事を書く、ということはこれで達成です。

せっかくなので10日間記事を書いて思ったこととかを最後の日に書き連ねてみようと思います。

思ったこと①:普通に大変

この10日間でせっかくなので色んなバリエーションの記事を書きたいな、と思っていました。

チャレンジングなテーマとか、書きたいなと思ったテーマを積極的に書いてみようと思っていました。

そういう背景もあるのですが、1記事あたり大体30分~1時間くらいかかっていました。

毎日、この時間分工数を確保するのって大変ですね。。。

あとテーマによっては思ったより筆が進まず…筆が進まないとか人生で初めて使いましたが笑

4日目のPixar本のレビューなどは文量確保するの大変だぁ…って苦しみながら書いてました。

PIXAR本の書評ブログ【10日連続チャレンジ4日目】

思ったこと②:書いてる中で自分の中で見解がまとまる瞬間を体験できた

7日目の記事を書いてた時です。

自身の運用の考え方について書いていて、その中で自分が大切にしていることだったり価値観だったり思考のプロセスについて、上手く言語化されたような感覚がありました。

普段は、「こんなこと書こうかな~」「この辺のトピックについて触れてみよう」とざっくり考えながら記事を書くのですが、

大体想定どおりの着地とか、メインのメッセージがある程度頭の中にある中で文章を書くことが多かったです。

ええんちゃう? という言葉について【10日連続チャレンジ7日目】

なので、この記事については思ってもいなかったことが頭の中でポンッて出てきて、

これに似た瞬間が好きで書くのが好きって書いていたライターさんの記事も見たことあったんで、

「おぉ~なんかちょっと新しい世界が瞬間的に見えたかも」と思って嬉しい瞬間でした。

思ったこと③:自分の書きたいことならめちゃくちゃ書ける

自分が今書きたいこと、好きなもの、伝えたいこと。

そういったテーマを書けばめちゃくちゃ筆が進むな、と思いました。

それこそ鉄は熱いうちに打てじゃないですけど、その時自分が何のテーマを書きたいのか?を見極めることは結構大事な気がしました

これは結構ライティングにも関連するな、と思っていて、実際自分が直近でインプットした情報とかを書くのって楽しかったりするんですよね

コントロールできる部分とできない部分がありますけど、まぁ少なくとも自分にもそういう波みたいなものがあるんだな、と自覚できたことは結構良かった気がします。

最後に

ブログを書いていて、一番うれしい瞬間は「あの記事良かったです」って言われる瞬間ですね

それこそよく言いますけど、直接でのコミュニケーションじゃ伝えきれないことだったりとかがあるから文章で発信するっていうのはワークするポテンシャルがあるな、と感じました。

仕事中にどうでもいい雑談とかをする時間ってあんまり長く取らないと思うんですけど、

それと同時にそういうコミュニケーションが全く無駄か、というとそうでもないと思っていて。

そこが少しでも補完されるのであれば素敵だな、と。

あとはやっぱり自分が理解されるほど仕事がしやすくなるので、そういう意味でも社内ブランディングとして機能するんじゃないかと思いました(笑)

 

ただ、やっぱり毎日書くのは大変なので、自分が書きたいなと思ったテーマが出来たときにノリノリで筆を進める、というスタンスでいければと思います。

「こういうの読みたいです!」って言われるとノリノリ度合いがかなり変わってくるので是非お待ちしてます。

それでは10日間チャレンジ、フォローし続けてくださった方々ありがとうございました!!!

最近の記事

  1. 2019.12.6

    Winセッション
  2. 2019.12.5

    最近は淡々と
  3. 2019.12.3

    深く理解する
PAGE TOP