憂鬱なことが一つ、二つ

今週も終わりですね。当社で毎週金曜日に各部署やチームごとで
週の振り返りは業務だけにこだわらず報告する時間があります。
大体、一人数分話してそれをみんなで感じたことをフィードバックします。

いつもそこでは、よかったことをメインで話をするのですが
ここ最近、実は毎日一つ、二つ必ず憂鬱なことがあります。

社内のMTG、社外の打ち合わせ、業務で進めていることなり。
多方面で憂鬱なことが毎日のようにあります。

この会議で厳しいことを言わないといけないなとか
事前に数字や誤字があると、うわぁこれも突っ込まないとじゃんとか。
てか、突っ込まないとモヤモヤするし、なんかそれを言わないと
少しずつ間違った方向にまた進んじゃう気がして。
だから、自分のために言うんですけどね。

このことについて事前に準備しないといけないなとか
同時進行で進めていることの、こっちボールを返さないといけないなぁとか。

夜の寝る前と、朝起きて必ずスケジュール確認をするのですが
おぉ、この時間にこれがあるわぁと思うことも多いのです。

こうやって言うと、とてもネガティブな気持ちになってるように感じるかもしれませんが
実は、毎日憂鬱なことがあることが嬉しいです。
こんな憂鬱な日々が、もう半年以上続いています。

一つ落ち着くと、また一つと憂鬱なことが起きるんです。
僕が最終的に見ないとというものが沢山来るんです。

時々、憂鬱なものがない日もあります。
そういう時、今日は憂鬱なことがないとハッピーになるかと言うと
全く思いません。
なんだか、俺大丈夫かな?今日、憂鬱なことないのやばくない?
って思うんです。
そういうときは、憂鬱なことを作るようにしています。
説明会用の資料を改良したり、金融機関に提出する資料を作成したり。
与信の細かいことを見直したり、手がつけられていないこと探して整理したり
取り組んだり。

会う約束してたけど、会うとアップデート情報ないとあんまり会いたくない人と
ランチや、情報交換の時間を設けたり。

でも、そんな憂鬱な日々って筋トレでいう新しい負荷をかけてる状態なんですよね。
だから、自分の考えが洗練されていく感じがして、より時間を有効活用していかないと
効率を意識するようになるし、自分が見ると言った以上
抱え込みすぎず、振るところはどこかとか考えるようになるし。
意外と、時間あるときよりもみんなの顔も見るようになるし。
気になった人は、声かけたりランチしたりするし。
社員が元気そうに挨拶してくれると嬉しい。
任せる人がいること、元気そうに働いているの見てると
それも感謝できるんですよね。

なんか、そんな日々って些細なことがうれしくなるんですよね。
時間がない中で、隙間見つけて5分でご飯食べれたぐらいが嬉しいんですよ。

富士そばいって、1、2分で肉富士が出てくることに感謝できるし、尊敬できるんですよね。
このスピードでこのクオリティ出せるのすげぇなぁって。

今月も残り一週間と少しですが、明日から中国です。
いやぁ、超憂鬱です。
中国は行ったことあるし、海外に行くといつも新しい発見があって
より感性が広がるのに、いつも憂鬱です。
ふぅー。
でも、きっとまた成長した自分になるんでしょう。

電波環境が悪い環境になるので、来週はブログをおやすみします。

その分、憂鬱な気持ちを毎日もって中国でも変わらずフルアウトしていきます。

最近の記事

  1. 2019.12.6

    Winセッション
  2. 2019.12.5

    最近は淡々と
  3. 2019.12.3

    深く理解する
PAGE TOP