台湾ではバレンタインデーに何を贈る?台湾女子に聞いた8つのこと!【BU特集紹介:2月】

日本と台湾のバレンタインデー

バレンタインデーは台湾の女性たちにとっても大きなイベント。
私たちが運営する台湾人女性向けメディア「Beauty Upgrade」(BU)でも、2月にはバレンタインデー特集を実施します。
しかしBU編集部の台湾人女性に聞いたところ、日本と台湾では、だいぶバレンタインデーの習慣や位置づけが違うようです。
バレンタインデーの売り場
日本ではお正月が過ぎてしばらく経つと、デパートの地下にチョコレートが売られ、女性たちがそれを買って意中の相手に渡す…というのが風物誌ですよね。
では台湾ではどうなのでしょうか?
台湾人女性スタッフに意見を聞きつつまとめてみました!

目次

◆台湾女子に聞くバレンタイン:贈り物編
1.バレンタインデーは「男性から女性」
2.台湾のバレンタインデーは何が売れる?
3.日本の定番、花とチョコレートは贈られないのか?
4.台湾のバレンタインデーで売れているモノは何か?
◆台湾女子に聞くバレンタイン:回数編
5.台湾のバレンタインデーは、年2回!
6.もっとある台湾のバレンタインデー。年3回!?
7.もっともっとある台湾のバレンタインデー。年12回!?
◆台湾女子に聞くバレンタイン:風習編
8.台湾女子のバレンタインデー
まとめ
BUの2月特集:「バレンタインデーの2つの楽しみ方」

台湾女子に聞くバレンタイン:贈り物編

1.台湾のバレンタインデーは「男性から女性」

毎年2月14日は、台湾でもバレンタインデー(情人節・西洋情人節)としてイベントになっています。
しかし日本と違うのは、「男性から女性へ」想いを打ち明けたり、贈り物をしたりする日、だということ!
「女性から男性へ」という日本とは逆ですね。
日本でバレンタインデーというと、売り場が赤やピンクに染まり、女性たちが集まり…というイメージですが、台湾のバレンタインにものを買うのは男性側が多いようです。

2.台湾のバレンタインデーは何が贈られる?

では台湾のバレンタインデーには何が贈られるのでしょうか?
台湾では、バレンタインデーに贈られるものは多種多様です。
「バレンタインデーには何が売れますか?」と編集部の台湾人女性スタッフに聞いたところ、出てきたのは、このような商品でした。

  • 旅行
  • 少し贅沢な食事
  • ジュエリー、アクセサリー
  • ブランドもののアイテム
  • ペアのアイテム。ペアリング、ペアアクセサリーなど
  • その他高級品。腕時計やお財布など

モノよりもコトなバレンタイン

日本でいう、よくある「彼女へのプレゼント」のに近いようなイメージですね。
日本のクリスマスプレゼントでもよく見かけるような商品です。
台湾でも、バレンタインデーが近くなると、特別な1日をロマンチックにする商品、2人の記念日を思い出に残せる商品が売れているようです。

台湾人スタッフによると、「物のプレゼントよりも体験にお金をかける」んだそう。
例えば高級レストランやホテルの宿泊、旅行など。
モノよりも、恋人どうしで楽しめて思い出になる「コト」がプレゼントとして好まれます。

3.日本の定番、花とチョコレートは贈られないのか?

では、台湾ではチョコレートや花は贈られないのでしょうか?
こちらも台湾女子に聞いてみました。
flowers and chocolates
チョコレートは、人によるとのこと。日本のように「バレンタインデーといえばチョコレート」ではなく、プレゼントの選択肢の1つとして贈られています。

花も、2018年までは流行していたようです。
また調べたところ、「バラの花束を贈る」との記事も多くヒットしました。ロマンチックですね…!
しかし最近では、生花よりドライフラワーが人気なんだとか。
ロマンチックですが、すぐに枯れてしまう花束に対して、ずっと飾っておけるドライフラワーの方が魅力的。
確かに日本でもドライフラワーがよく売られるようになってきていますね。

台湾のバレンタインデーで売れているモノは何か?

先ほど、「モノよりコトがプレゼントとして好まれる」と書いたのですが、モノに絞ると何が売れているのでしょうか?
また、あるクレジット会社が、台湾でバレンタインデーのプレゼントとして買うことを考えているものを調査したところ、以下のような結果になりました。

  • 服や革小物:36%。
  • 電子機器:21%
  • ジュエリー:19%
  • カード:10%
  • チョコレートやキャンディー:7%
  • 花:6%

バレンタインデーに贈るものは?
参考:Asia Pacific Consumers’ Appetite for Valentine’s Day Strong as Half of Region Plans to Dine Out
意外にも、1位はファッションアイテム。
この調査について教えてくれた台湾人女性によると「実用性があるプレゼントを贈るのが主流」とのことです。
また、女性が男性に向けて、バレンタインデーに欲しいものをおねだりをすることもあるとか。
それであれば、服や革小物など女性が欲しがるものが上位にくるのも頷けます。

台湾女子に聞くバレンタイン:回数編

5.台湾のバレンタインデーは、年2回!

ここまで「バレンタインデー」について書いてきましたが、日本人の皆さんは「バレンタインデー」というと2月14日のことを想像するかと思います。
しかし台湾のバレンタインデーは、2月14日だけではありません。

旧暦の7月7日、七夕も台湾では「バレンタインデー」として扱われます。
つまり台湾にはバレンタインデーが、年に2回あるのです。
それに伴って、セールなど、バレンタインデーのイベントごとも、年に2回実施されます。

2月14日のバレンタインデーは「西洋情人節」。
8月にある、旧暦7月7日のバレンタインデーは「七夕情人節」。
このようにして呼び分けられます。
バレンタインデーのカレンダー1

台湾人スタッフに「この2つのバレンタインデー、何か違うんですか?」と尋ねたら、「いや、同じです」との回答。
2月も旧暦7月も、バレンタインデーは「男性が女性に贈り物をしたり、ご飯に連れ出したりをする」日。
規模の違いや内容の違いはないんだそう。

ちなみに「同じイベントが2回もあって、飽きませんか…?」と聞くと「年に2回に限らず、もっと増えてほしい」「女性ならおねだりの口実になるから、何回あってもいい」くらいだとのこと。
恐るべし台湾女子…!強い!

バレンタインデーに贈り物をする男性

6.もっとある台湾のバレンタインデー。年3回!?

今回話を聞いた台湾人女性スタッフ2人のうち、「バレンタインデーは年に2回」と答えたのは1人。
もう1人からは「メインのバレンタインデーは年に3回」という答えが返ってきました。
バレンタインデーのカレンダー2
3回目のバレンタインデー、と言われた日付は3月14日。
台湾において3月14日は、日本のホワイトデーとして有名になりました。
「ホワイトデー」としての文化は根付かず、ただのデートの日になっているんだそう。

確かにチョコを贈ることが少ない台湾では、「チョコのお返し」や「義理チョコ」も存在しません。
ホワイトデーは日付だけ残り、「バレンタインデー」として扱われるようになるのも、頷ける気がします。

7.もっともっとある台湾のバレンタインデー。年12回!?

さらに、「年に2回」と言っていた台湾女子が教えてくれたのが、台湾の「毎月ある」バレンタインデー。

  • 1月14日:日記バレンタインデー。恋人に手帳や日記をプレゼントする。
  • 2月14日:バレンタインデー。
  • 3月14日…ホワイトデー。行うことはバレンタインデー同様。
  • 4月14日…ブラックデー。恋人のいない人がパーティーをする。
  • 5月14日…ローズデー。恋人どうしがバラの花を贈りあう。
  • 6月14日…キスバレンタインデー。公然とキスをすることが許される日。
  • 7月14日…シルバーバレンタインデー。銀のアクセサリーを贈りあう日。
  • 8月14日…グリーンバレンタインデー。自然の中でデートをする日。
  • 9月14日…音楽バレンタインデー。クラブなど音楽のかかる場所で、友人に恋人を紹介する日。
  • 10月14日…ワインバレンタインデー。ワインを飲みながら過ごす日。
  • 11月14日…映画バレンタインデー。恋人どうしで映画を見る。
  • 12月14日…抱擁バレンタインデー。ハグをする日。

バレンタインデーのカレンダー3
…多いですね!
毎月何かを買ってプレゼントしたり、ある行動を取ったり。大変そうですが、楽しそうです。

台湾女子のバレンタイン:風習編

台湾女子のバレンタインデー

バレンタインデーは台湾語で「情人節」。「恋人たちの」日という扱いです。
これまでは、恋人がいない台湾人にとって、バレンタインデーは特に何もない日でした。

しかし最近は、台湾人の女性が自ら、バレンタインデーにものを買ったり、特別な過ごし方をしたりということも増えています。

日本女性の間でも近年、「バレンタインデーに自分にプレゼントをする」「バレンタインデーに女子会をする」という人が増えていますよね?
台湾でも、バレンタインデーにこれを似たことをする女性が増えているんだそう!

「恋人がいない者どうしで集まって、パーティーをする」
「恋人におねだりをするだけでなく、自分で買う」
この新しい文化は、台湾のバレンタインデーにおいて、新しい流れにもなってきそうです!
バレンタインデーの女子会

まとめ

台湾のバレンタインデーの特徴について、これまでの説明をまとめます!
バレンタインデーに贈り物をする男性

  • バレンタインデーの贈り物は「男性から女性」に贈り物をする。
  • 台湾のバレンタインデーは年に複数回。
  •  最も大きな規模が2月14日と旧暦7月7日の年2回。
     3月14日もバレンタインデーとして扱われることがあり、
     カップルによっては毎月バレンタインデーを行うことも。

  • 台湾のバレンタインデーで売れるのは、チョコや花よりもプレゼントがメイン。
  • これまでは恋人向けのイベントだったが、最近は台湾女子が自ら楽しむ場合も!

日本と違うところがかなりたくさんありますね…!
日本人の私も、驚くことばかりでした。

BUの2月特集:「バレンタインデーの2つの楽しみ方」


台湾では、2月14日のバレンタインデーに向けて、これからプレゼントが売れ始める時期です。

恋人にプレゼントをおねだりする女性にも、恋人がいなくても、自分たちで楽しもうとする女性にも、台湾女子みんなに楽しいバレンタインデーを過ごしてほしい!
そんな思いを込めて、台湾人女性向けメディア「Beauty Upgrade」の2月の特集は「バレンタインデーの2つの楽しみ方」に決まりました。

恋人との時間を楽しむ?それとも一人で過ごす時間を充実させる?
バレンタインデーはもちろん、バレンタインデーに向けて情報を集める時間も、楽しいものかもしれません!

現在、BUのバレンタインデー特集に記事広告を掲載していただく、広告主様を探しています。
台湾女子のバレン-タインデーを彩れる商品をお持ちの企業様、
またバレンタインデーに限らず、台湾女子にプロモーションしたい商品・サービスをお持ちの企業様、ぜひお問い合わせをお待ちしております!

株式会社フルアウト
お問い合わせフォーム
https://fullout.jp/contact/

電話番号:03-6451-1075
Beauty Upgrade営業担当 まで

最近の記事

  1. 2020.04.3

    纏まり悪い話
  2. 2020.04.2

    初台
  3. 2020.03.30

    人、人、人
PAGE TOP