世の中のいわゆる「うまくいってる」って言われるものは、諦めなかった人達の結晶だと思う。

上手くいくというものが、なかなか上手くいかなったり
プロセス的には、上手くいく段階に進んでいてもなかなか芽が出ないことにもどかしさを感じたり。
(元々、かなりせっかち人間なのが問題なのですが。。。)

本音、早く上手くいってほしいなーと思うわけです。
まぁ、散々社会人、経営者人生でうまくいかなかったことを数多く経験して
「いやぁ、そんな簡単に上手くいったら苦労しないよー」と思うし、
何か経営者仲間や後輩に相談されれば、同じように伝えるようになりました。

ファーストリテーリングの柳井さんの著書「一勝九敗」もかなり身に染みるなぁと感じるように
なってきましたね。

一勝九敗
一勝九敗

posted with amazlet at 19.12.17
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 26,169

(全然、スケール違うけども。。。)

いつも思うわけです。きっと上手くいくと。
まぁ、言わなかった日、思わなかった日はないですね。
でも、どうしようもない衝動にかられる時があります。

それは、上手くいくと思って進んでいたことが振り出すに戻されるような
どん底現象が起きたときですよね。
もう、叫びたくなるわけですよ。「うぉー、ここまで来てそれかよ。。。」と。
どこ見て歩いていいかわからないわけです。
どうやって、会社に戻ってきたのかわからないんです。
一切飲んでないですよ。勿論、酔っぱらってないです。

でも、今日ふと思い出したんです。
そういうことがあっても、いわゆる世間的に「うまくいった」言われるものはすべて諦めなかった人たちの結晶だなと。

それは、前職で自社のアドテク商品を売ってた時のことです。
下から数えた方が早いようなアドテク商品を必死に売ってた時、まぁ上手くいかないんですよね。
毎日、ゴリゴリ必死に新規営業開拓をしてお客様に「丁度、プロモーション考えたんだよ」と言われ
ヨッシャーと思っていたら、競合に取られること。取られること。
理由を聞くと、「配信ボリュームが他社のほうが大きいので。。」と言われ、何も言えねー状態ですよ。

思考錯誤してそんな中でも、なかなかアドテクに手が回っていない代理店さんを開拓して
「運用、入稿でも何でもやります。なんなら、営業同行もします」ともう代理店さんが隣で地蔵プレーする並みに
営業をしていました。
しかし、さすが無名アドテク。開拓できたと思えば、成果がついてこずストップ。
なら、メディア開拓とメディアさんにもヒューマン営業で枠をもらって何とか成果だそうと動いたりもしました。
出来ることなんでもやってましたね。
その時も、毎日同じ気持ちでした。いやぁ、なかなかうまくいかねぇなぁーと。
なかなか、お客様が信じて託していただいた期待に応えられないなと。
でも、やっていく中で見えてくるんですよね。
こうすれば成果でるんじゃないか、ここだけに注力することで
最低でもこれぐらいの成果は見込めるんじゃないかとか。

広告主様の予算的事情とメディアさんに用意してもらった枠ボリュームが
上手くシンクロせず、「すみません、すみません」と謝罪することも多くありましたが
そういった失敗を繰り返していく中で、答えが見てくるんですよね。
自分なりの答えが。

一部の業種に対して成果が返せるアドテク商品として前職のプロダクトは着地しましたが
もっと、色々なお客様に成果をお返しできるようになりたいなと思っていたし
代理店さんと関係値を作ろうと、上司に教えてもらった生の情報収集はかかさなかったですし
効果が出るかやってみないとわからないと、有難いことに色々な業種の運用をさせていただき
少しばかりですが、知見があったので独立後にそれが本当に役に立ちました。

独立したときは、DSPが出たてでなかなか代理店さんも広告主さんも疑心暗鬼だったのですが
前職のアドテク商品と比べれば、やれることも多くあったので
必ず成果をお返しできるはずだと、運用をこちらで全部やるという前提で
多くのお客様にご活用いただき、成果をお返しできることに繋がりました。

今取り組んでることが、どんな形で返ってくるかはわかりませんが
自分が取り組んでいることはきっと良い結果や形になると思っています。

今の感情に囚われず、諦めければきっと上手くいくと信じて
変わらずフルアウトしていきます。

最近の記事

  1. 2020.04.3

    纏まり悪い話
  2. 2020.04.2

    初台
  3. 2020.03.30

    人、人、人
PAGE TOP